ホーム  >  木風呂

檜風呂より人気の木風呂(米ヒバ浴槽)

ひのき風呂(ヒノキ風呂)よりもお手入れ簡単・高耐久の木風呂

檜風呂(桧風呂)よりも米ヒバ浴槽が選ばれる理由

ハウスアンドハウス(テクノパル門前)の木風呂(米ヒバ浴槽)は一般的な檜(桧)よりも緻密な柾目材で、最高級の米ヒバ材を使用しています。
特殊な熱処理による乾燥技術と特殊部材組立技術、そしてセラミックス処理により、天然の檜風呂よりもお手入れがしやすく、伸縮の少ない、高耐久な木製浴槽を製造することに成功しました。

腐りにくくカビにくい

特殊熱処理技術とセラミックス処理を施した事により、腐りやカビの発生を抑制しています。耐久性にも優れ、衛生的です。

伸縮が少ない

長年の研究により生まれた独自の新しい熱処理方法により、吸水・乾燥の繰返しによる木材の伸縮を1/2以下にしました。

伸縮が少ない

銀イオンを含む抗菌性セラミックスコーティングにより、長期間使ってもヌメリが出にくくなっています。

底面R加工
底面R加工
底面をR加工する事により、お手入れがしやすくなりました。
また、三層構造と特殊ウレタン樹脂注入により、防水性の心配もありません。
(水漏れ5年保証)
排水勾配
排水勾配
排水口周辺に勾配をつける事により、水が溜まりにくく、お手入れもしやすくなりました。
お手入れ方法
お手入れ方法
入浴後、柔らかいスポンジやタオルで汚れを洗い流してください。
洗い流した後、きれいなタオルで水気を拭き取ってください。
水漏れ防止構造
水漏れ防止構造
浴槽の接合部分は、一般的なビス止めではなく、木材の内部に樹脂による特殊工法を施しているため、水漏れの心配はありません。

セラミックス処理木材・カビ抵抗性試験

セラミックス処理木材
セラミックス処理木材
未処理木材
未処理木材
財団法人日本食品センターにて実施したカビ抵抗性の試験結果。条件Aの一般的なJISのカビ抵抗性試験では、熱処理材、熱処理材にセラミックス抗菌加工処理した材はいずれも防カビ効力がありますが、条件Bの実際の使用環境下に近い試験では、セラミックス処理の効力がはっきりと認められます。
さらに詳しい情報は、下記のPDFファイルにてご確認ください。

木風呂(米ヒバ浴槽)の納入実績

檜風呂には無い特長を持ったハウスアンドハウスの木風呂(米ヒバ浴槽)は個人宅はもちろん、宿泊施設や介護施設など法人のお客さまにも全国約4000箇所に導入いただいております。

木風呂(米ヒバ浴槽)の関連商品

腰掛け、シャンプー台、湯桶
腰掛け、シャンプー台、湯桶
木の風合いを活かしたバスグッズです。独自のセラミックスによる抗菌処理を施し、カビ、腐れの心配が極めて少なくなっていますので、清潔感を保つことができます。
※上記商品のみヒノキ材となります。
スノコ
スノコ
特殊熱処理技術とセラミックスによる抗菌加工を施し、カビ、腐れの心配が極めて少ないスノコです。
また、乾燥が速く、ヌメリが出にくいため、滑りにくく安心です。

木風呂(米ヒバ浴槽)の価格表

カタログと価格表は郵送でもお送りしております。
ご希望のお客さまは「カタログ請求」よりお申し込みください。